水商売の由来のページを説明

キャバクラ嬢を口説く方法

水商売の由来

「水商売」

この言葉できっと思い浮かべるのは、
クラブ、スナック、キャバクラなどを連想されると思いますが・・・
実は水商売といってもその種類は多々あり、喫茶店や歌舞伎、実はお笑い芸人までもが水商売なのです。


しかし、いま現在では夜間営業で酒を出し、
接客を中心としたクラブやバー、キャバクラ、パブ等を示す言葉に使われています。


また、水商売には別に「お水」、「夜」、「ウォータービジネス」といった呼ばれ方もあります。


なぜこのような職業が水商売とよばれるようになったか?その由来はいろいろありますが・・・
最も有名な説が「客の人気で左右される商売は、流れ出る水のように収入が定まらないため」という説です。


また、私の友人の飲み屋のママの説で、
「純粋な水に赤い絵の具を一適たらすとすぐ水が真っ赤に染まる」という例えから、 それだけ、すぐ染まりやすい商売って事で水商売と言うと聞いたことがあります。


正直私自身「なるほど」と思いましたし、事実はどうあれ、説的にはこちらの方が好きです。


この説は私が水商売を始めてから聞いた説なので、
ある意味なんだかとっても納得させられました。
それだけ水商売はハマりやすい商売であると私自身も思います。

他にも・・・「酒を飲んでの争いや色恋は、酔いが覚めたらきれいに洗い流す」
「江戸時代、若くてきれいな女が男に水を売っていた」などありますが、
どれも確かなことは分かりません。


なので、とりあえずは自分の信じたいものを「そうなんだ」と信じていればいいでしょう。

>>続きを読む


【クリック禁止!】狙ったキャバ嬢を確実に自分のものにする口説きマニュアル!!!